「未分類」カテゴリーアーカイブ

採掘マシン2号機の紹介

採掘マシン2号機は自作マシンです。

外観はこんな感じでケースは無くビデオカードを乗せるフレームのみです。
放熱効率は良いのですが、近づくと暖かいです。
夏場がどうなるやらですね。^^;;

マザーボードはBIOSTARのH110M-BTCです、BTCとあるのはマイニング仕様って事です、
これでBTC(ビットコイン)掘れるとは思えませんけどね。
PCI-Eポートが全部で6ポート有りますが、4ポートは田の字に配列されてるので、
直接基盤を刺す仕様に成って無い辺りがマイニング用でしょうかね。
ライザーカードを使う事で最大6枚までグラフィックボードを繋ぐことが出来ます。
現在はGTX-1070を2枚乗せていますので、電源1000Wを考えると同等のカードを
後2枚位は増設可能です。
CPUはPentium G4560を使ってます、安く上げるならCeleron G3900でも良いのですが、
Pentiumは2コア4スレットなのでCPUでも掘る事考えるとスロット数が多い方が良いと
考えての選択です。
メモリーはDDR4-2400の4MBを2枚、記憶媒体はSSDで128GB、OSはWINDOWS10を乗せています。

ビデオカードが2枚で10.5万、他の部品やOSで9万弱ですから20万近くは掛かってますね。

さてPCMARK10の結果はCPUや周辺弱いのでこんな値です。

中の下って感じでしょうか?まあGPU以外は並以下ですからね。

で普段の画面はこんな感じです。

1号機同様にモナコインとBitZenyを採掘させています。
GPUは性能を70%に制限、温度は65度以下に設定していますが、60度位で稼働してます。
性能を100%にすれば2枚で78Mh/s位出せますが70%に抑えても73.5Mh/s位なので
電力消費とチップの負担を考えるとこれ位かと思ってます。

ちなみに1号機のGTX-1080ti1枚より2号機のGTX-10702枚の方が15%位処理能力高いです。

我が家の採掘マシン紹介1号機

我が家の採掘マシンは2台あります。

1台目はBTOマシン、ドスパラで組んで貰いましたのでちゃんとケースに入ってます。
元々は常用マシンが4年経つので置き換えを考えて発注を決断したのですが、
マイニングを思いつき大幅に予算オーバーな仕様になってしまいました。

オーバークロックとかしてないのですが部品は現在のパソコンとしては最高な物を使ってるので
PCMARK10のスコアはこれ位出ています、スコア自体余りマイニングには関係しないけど、
常用マシンとすればどんな事でもサクサクこなしてくれそうです。
スコアは6503ポイントでPCMARK10測定マシン全体のTOP4%に入るスコアでした。

で、普段の起動画面はこんな感じです。

温度監視のウインドが左下の白い画面で4番目の温度が90度超えてるのが気に成ってますが、
安定稼働してるので今の所は放置です。
左上はGPUの設定&モニターソフトの画面です。
マイニングはGPUを酷使しますし、ゲームと違ってピーク時の性能よりは継続した安定性が求められる上に、
使用電力とパフォーマンスのバランスが必要に成ります。
つまり、このソフトを使用してGPUの稼働を抑えて電力消費を減らしてます。
現在このマシンはGTX1080tiが入ってますがGPU稼働は75%で温度は65度にセーブしています、
それでも採掘能力を表すハッシュレートは7%位しか落ちていません。
ガンガン稼働させて温度も80度超えで行けば逆にもっと速く成りますが、
その分チップに負担が掛かるし、何より消費電力に見合ったパフォーマンスとは言えませんからね。

右上の黒いウインドはマイニングソフトの稼働ログを表示しています。
これはGPUを使用してモナコインを採掘してるソフトのログです。
直接掘ってる訳では無くpoolを利用しています。
poolの話はまた今度書きます。

右下の黒いウインドもマイニングソフトの稼働ログです。
こっちはCPUを使ってBitZenyと言う草コインを採掘しています。
草コインの話もまた今度書きます。
メインはGPUでの採掘ですが、パソコンにはCPUと言う絶対必要な演算装置が有り、
遊ばせて置くには勿体ないと言う事で掘ってます。

さて、2号機に関してもまた今度書きます。

超放置なぶろぐですが今日から仮想通貨について更新します

さて、3年ほど放置なこのブログ、誰も見て無いとは思いますが日記を兼ねて再開します。

2018年を迎え新たに始めた事が有ります。
それは仮想通貨です。

ハッキリ言って遅い遅すぎだぁ~って感じですけど、
儲けると言うよりは興味からですね。

普段使いのディスクトップパソコンも4年が経過してSSDとかで
補強はしてたのですがそろそろと思い、
新年奮起して新しいパソコンを注文する事にしました。

どうせなら、長く使える物と言う事でスペック高い物を考えたのですが、
ふとしたネット記事でマイニングって事を知りました。
高スペックのグラフィックカードを使えば、パソコンを稼働してるだけで
毎日有る程度の収入が得られるって事が解り、
自分が働いて稼ぐ仕事とお金に働いて貰い稼ぐ投資の次はこれだ!
っと思い挑戦してみる事にしました。

そこで、ドスパラにBTOで最高スペックのパソコンを発注しました。
CPUは最新の8700Kでメモリーは16GB、SSD500GB+HDD3TBに
グラフィックボードはGTX-1080tiです。
放熱強化でファーン追加したりして28万ちょっとのお値段になりました。
これが我が家の普段使いでは無く発掘マシン1号機で24時間稼働してます。

これで終わらず2号機は自作しました。
CPUはペンティアムメモリも8GB、SSD128GBとほぼ最低スペック、
考える所有ってCPUはセレロンでは無くペンタにしたけど。
贅沢なのは電源で1000Wの80PLUS PLATINUMクラスを準備3万以上します。
それにグラボはGTX-1070を2枚乗せました。
マザーボードも6枚までグラボ乗せられるマイニング用を使ってるので、
電源も余裕持たせてますし、将来はもう2枚位ならグラボを追加可能です。

色々考えながら自作するのは楽しい!
それだけでも、マイニング始めた価値が有ると思ってます。

次回はマイニングのやり方についてでも書きます。